FANDOM


石川 五右衛門(いしかわ ごえもん、生年不詳 - 文禄3年8月24日(1594年10月8日))は、安土桃山時代の盗賊の首長。文禄3年に捕えられ、京都三条河原で一子と共に煎り殺された。

概要 編集

従来その実在が疑問視されていたが、近年発見されたイエズス会の宣教師の日記などを史料として、その人物の実在が確認されて現在に至る。処刑記録も現存しておりその光景を当時の絵師が残してさえもいる。処刑の際に詠んだとされる辞世の句は有名。

ルパン三世』内では、十三代目石川五右衛門の先祖として登場。

TV第2シリーズ 編集

TV第2シリーズ第120話「フランケンシュタイン ルパンを襲う」で、赤い幽霊団の霊媒師・ミラーカによって、十三代目石川五右衛門に憑依。ミカーラに操られ、ローゼンクロイツの黄金の壺の隠し場所を聞き出された。

『ルパン三世』に関する配役 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。