FANDOM


押井版ルパン三世』(おしいばんルパンさんせい)は、押井守監督で1985年に『ルパン三世』劇場版第3作として公開される予定だったアニメ映画の通称である。

概要編集

ルパン三世』の劇場版第3作の製作が決定した際、まず前作『ルパン三世 カリオストロの城』の監督であった宮崎駿に再度監督が依頼されたが、宮崎は参加を拒否した。そこで宮崎の推薦により、当時宮崎のところに転がり込んでいた押井守が監督を務めることになった。監督就任は短期間であっさりと決まったという。その訳は、当時東京ムービー新社の社長であった藤岡豊が「押井守っていう天才少年がいるそうじゃないか」「『うる星やつら』はうまい・動きが冴えてる」と押井の評判を知っていたからである。公開時期まで決まった際、劇場で配布された制作中の東宝映画を紹介するリーフレットには、「世紀末、彼は時代を盗んだ」のキャッチコピーと共に押井監督ルパンが予告されている。

もし実現したならば、正式なタイトルは『ルパン三世 完結篇』となる作品になるはずだった。当初、押井が声をかけた若手のアニメーターたちの多くは「何故、今更ルパン?」とあまり乗り気ではなかったが、「今の時代だからこそ、ルパンが必要なのだから」と説得し、制作スタッフを集めている。そのような紆余曲折の末にスタッフが発表され、押井も『アニメージュ』に構想を語るなど制作は順調であったが、押井の構想が『ルパン三世』という作品からあまりにもかけ離れていることから「訳が判らん」と一蹴され、『ルパン三世』を「完結」させたくないという企業側の意思もあってNGを出されてしまい、押井は監督を降板した。

その後、宮崎駿にこの脚本の修正を依頼するが、宮崎は「話が違う。自分は押井君と組めるからこの話を受けたのだ。」と返し、再び宮崎は監督から降りることになった。結局この企画は潰えて、日の目を見ることはなくなった。そのため、新たなスタッフで残された短い制作期間の中、劇場作品を完成させなければならなくなった。それが『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』になった。

一方、押井版ルパンで使われるはずだった様々な設定は、後の『天使のたまご』『機動警察パトレイバー the Movie』等の押井作品に散りばめられることになる。押井曰く「攻殻でやっとルパンを吹っ切ることができた」という[1]

なお、一部で語られている「ルパン三世の映画でありながら、ルパンを否定する」「世界中にもう盗むモノが無くなり、怪盗としてのアイデンティティを喪失したルパン」という描写は断片的ではあるが、『ルパン三世 バイバイ・リバティー・危機一発!』で、ルパンが自分のデータが世界中にインプットされてしまい、やる気をなくして引退する、という描写に生かされている。また、『ルパン三世 GREEN vs RED』にはストーリー面でルパンの存在を問う描写が主軸となっているなど、本作の影響が見受けられるというの意見がある。これに対して押井は、「若すぎた、なんでもできると思ったらそうでもなかった」と話している。

2000年、押井に対してあらためて新作ルパンの監督のオファーがあり、このときは「好きにしていい」と言われたものの、押井は断った。その理由について問われると、本人は「主人公に腕毛が生えてるのが気に入らないから」とうそぶき[2]、2008年には「今の時代にあんなキャラを成立させられない」と語った[3]

予定されていたスタッフ編集

  • 監督:押井守
  • 脚本:押井守・伊藤和典
  • アート・ディレクション:天野喜孝
  • 画面構成:金田伊功
  • キャラクターデザイン:加藤茂
  • 音楽:大野雄二
  • 原画:森山ゆうじ、山下将仁、北久保弘之、森本晃司、庵野秀明など
  • 演出助手:片山一良

予定されていたストーリー編集

ある狂気の建築家が東京のど真ん中にバベルの塔を模倣した塔を建てるが、完成当日に投身自殺する。

ウェルカム・トゥ・ネバーランド駅。世界中にもう盗むモノが無くなり、怪盗としてのアイデンティティを喪失し、酒場でポーカーで大儲けしたものの袋叩きに遭い、身ぐるみはがれたルパン次元。「そろそろ何かやろうぜ」と次元が促すもルパンは「今更何をやるんだ」とやる気をなくしていた。そこに若い女が依頼を持ち込んできた。

依頼は、伝説では現実と非現実の狭間にあるようなものと言われている「天使の化石」を盗むこと。大戦中にアフリカで発掘された後、ナチスの手に渡って、そしてイスラエルに渡り、なぜか日本に持ち込まれているという。最終的にそれを見つけるものの、それはフェイク、ただのプルトニウムだった。それをルパンが触れてしまったことで大爆発を起こし、東京が壊滅する。

しかし、これもフェイクだった。実際には爆発も嘘だった。だからルパンが現実である訳がない。

そう、最初からルパンなんていなかったのだ。

設定 編集

  • お馴染みの5人は登場するものの、峰不二子は他の4人には最後まで会わない。盗まれた化石を元にルパンを追跡する(→『機動警察パトレイバー the Movie』で一部使われる)。
  • 主人公が決められていない(→『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』)。
  • 虚構の中で東京を壊滅させる(→『機動警察パトレイバー 2 the Movie』)。
  • クライマックス、ルパンがバベルの塔を昇っていく(→『機動警察パトレイバー the Movie』の箱舟描写に生かされる)。
  • 天使の化石(→『天使のたまご』)
  • 事件の黒幕が冒頭で物語から退場する(→『機動警察パトレイバー the Movie』の帆場)。

脚注 編集

  1. 野田真外著 「前略、押井守様」より。
  2. 同人誌『野良犬の塒』における神山健治&西尾鉄也のインタビューより。
  3. 別冊宝島「押井守ワークス スカイ・クロラ」より。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。