FANDOM


山寺 宏一(やまでら こういち、1961年6月17日 - )は、日本の声優、俳優、タレント、ナレーター、司会者。アクロス エンタテインメント所属。妻は同じく声優の田中理恵。前妻は声優のかないみか

経歴 編集

多賀城高等学校、東北学院大学経済学部商学科卒。

幼い頃は体が弱く、体育の授業は見学ばかりだったという。高校時代はバスケットボール部に所属し、マネージャーを務めていた。大学時代は落語研究会に所属し、その縁で学生時代から端役ではあるが地元のテレビ番組や企業CMに出演、その経験が後の『GAP SYSTEM』シリーズなどで活かされることになる。当初は口が立つことを理由に営業マンになろうと考え就職活動をしたが、「なんだかイヤになった」と放棄。CM出演経験でコネのあった広告代理店から声がかかったものの、当時流行り出した俳優、声優の啓発本を読んで役者の仕事に興味を持ち目指そうと考える。

本を読んだ結果俳優は「なんだこりゃ、わかんねえや」と断念、声優を目指して1984年俳協養成所に入所。1986年養成所を卒業(第14期)し、養成所の先輩が旗揚げした舞台と並行して俳協に所属。2008年3月まで東京俳優生活協同組合に所属し、2008年4月からアクロス エンタテインメントに移籍した。

1985年、OVA『メガゾーン23』の中川真二役で声優デビュー。1988年に映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のギュネイ・ガス、『超音戦士ボーグマン』のダスト・ジード、『魔神英雄伝ワタル』の渡部クラマを演じ、その後は1989年『らんま1/2』の響良牙/Pちゃん役で人気を集めるようになる。

特色や評価 編集

「七色の声を持つ男」と呼ばれるほど、広域の声質が特徴である。さらに演技力、そして司会業で見せる巧みな話術も相まり、渋い男性を担当し、青年から老年、ヒーローから悪役のボス、シリアスな役からコミカルな役、二枚目から三枚目まで多数の役柄の声を演じこなす。業界内では「(配役に)困った時の山寺宏一」と言われることもあり、声優界の大御所・羽佐間道夫は「俺の二代目」と称している。

新人時代の山寺の演技を見た野沢雅子は「この子は絶対伸びる」と確信したという。

2007年に放送されたフジテレビ『プロキング』で声優121人が選ぶNo.1声優第1位に選ばれた。また、2011年に放送されたテレビ朝日『お願い!ランキングGOLD』での「人気声優100人が本気で選んだ!本当にスゴイ声優ランキング」でも第1位に選ばれた。自身は尊敬する声優として羽佐間道夫や神谷明をあげている。その羽佐間もTBSラジオの『コサキンDEワァオ』にゲスト出演した際に山寺を絶賛していた。後に、同番組に山寺がゲスト出演した際に、コサキンの二人からその話を聞かされた山寺は非常に恐縮していた。また、羽佐間は『俺がハマーだ!』のDVDコメンタリーで「自分が死んだら代役は山寺にやらせる」とも言っていた。

後にかないみかとの離婚報道にて、この自宅が地上3階・地下1階であることが明らかとなった。なおこの自宅は先述の通り、離婚の際にかないに譲っている。

出演作品 編集

テレビアニメ 編集

テレビスペシャル 編集

OVA 編集

劇場版 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。