FANDOM


不二子2(ふじこツー)は、平和2002年に開発・発売したパチスロ機。

特徴編集

  • 前作「ルパン三世」の大ヒットを受け、液晶搭載機として登場。主役に峰不二子を据えているが、ルパン・次元・五右ェ門・銭形も登場する。
  • ツインBB搭載機。振り分けは1/3でスーパーとなるが、BB終了後100G間の「不二子ちゃんタイム」中に当選したBIGは無条件でスーパーとなる。赤7の場合はダブルライン揃いでスーパーが確定する(シングルラインでも可能性あり)。青7揃いは液晶演出での抽選となる。つまり、赤はリール制御、青はサブ基盤抽選という特性。
    • スーパービッグ:15枚役の押し順・リプレイハズシとなる押し順を完全ナビ。シフト持ち越し機能搭載なので、安定した獲得が見込める。期待獲得枚数は630枚前後。
    • ノーマルビッグ:7枚役の押し順をナビ。リプレイハズシは自力で勝負(要ビタ押し)。当時にしては珍しく高い技術介入を要し、シフト持ち越し機能もあるため、出来不出来で大きな差となるポイントである。完全攻略時の期待獲得枚数は475枚前後。意図的に自力で15枚役・リプレイハズシの押し順を当てることも可能であるが、効果は極めて低い。
  • 通常時の演出も秀逸であり、名物となった「タイプライター予告」はこの機種が最初である。
  • 大量獲得機ではあるが、ツインBBを搭載したことで、確率もマイルドになり安心して遊技出来る。しかし不二子ちゃんタイム中のボーナス連打に期待も持てるスペックなので、状況次第では大爆発級の出玉も可能である。
  • 現在でも人気は高く、いまだ設置しているゲームセンターも存在する。ホールにおいては設置期限切れのため2006年6月20日に全国から姿を消した。
  • 後継機に「主役は銭形」を2004年に発表。

関連商品編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。