FANDOM


ルパン三世 パイロットフィルム』(ルパンさんせい パイロットフィルム)は、漫画家モンキー・パンチ原作のアニメルパン三世』の1969年頃に製作されたパイロット版アニメ。

概要編集

原作者のモンキーパンチは、当時放映されていたアニメに不満を持っていたため、アニメ化に反対していた。アニメ化の説得材料として13分弱のパイロットフィルムが製作された。この作品の出来のよさとリアルな描写に感動したモンキーパンチはぜひアニメ化をとお願いしたいとアニメ製作にOKをだした。

本来パイロットフィルムとして製作されたアニメーションであり、配給元やスポンサー、放送局に売り込むために製作されたものである。その後正式スタートした『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』(以下、『TV第1シリーズ』)に比較して、より原作の作風に近く、ケレン味やアクの強さが際立った作りになっている。

1969年に作られた劇場版用シネマスコープサイズと、1971年頃にテレビ用のスタンダードサイズとして作り直された2種類のバージョンがある。テレビ用は当初の映画化が実現しなかった経緯から作りなおされたもので、画面サイズ以外の違いはキャスト(のちに石川五ェ門を演じることになる大塚周夫や、銭形警部を演じることになる納谷悟朗が、別の人物を演じていることも)と背景くらいであり、内容的にはほぼ同じである。

13分弱の本作は再構成されて『TV第1シリーズ』のオープニングに使用された。オープニングで一部ルパンの服の色が異なったり、絵柄が異なるのはこのためである。また、劇場映画第1作『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の特報としても一部使用されている。なお、シネスコープ版でルパンを演じた野沢那智は後に悪役としてTVスペシャル『ルパン三世 ルパン暗殺指令』に登場し、山田ルパンとの対決を行った。

永らくその存在は忘れられていたが、1988年8月17日深夜にytvが開局30周年記念特番として放送した、アニメだいすき!スペシャル「よみうりテレビ アニメ30年史!巨人のヤマトはバカボンルパンなのだ」において初めて陽の目を見る事となった(ここではテレビ用が放送された)。

後に、1989年に発売されたVHSルパン三世 シークレットファイル』に収録され、一般にも多く知られるようになった。現在ではDVD(「劇場版 ルパン三世 DVD Limited Box」の特典ディスク)で楽しむことができ、イタリア版『TV第1シリーズ』DVD最終巻にも収録されている。2011年にはルパン三世アニメ40周年を記念して京都と東京で開催された「ルパン三世展 ~This is the world of Lupin the 3rd~」 でパイロットフィルム2種類が初めて一般上映された。

スタッフ編集

声の出演編集

シネマスコープ版

TV版

関連項目編集

it:Lupin III - Pilot Film

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。