FANDOM


アルセーヌ・ルパン(ルパンいっせい)は、フランスの小説家モーリス・ルブランが発表した推理小説・冒険小説『アルセーヌ・ルパンシリーズ』の主人公。また、モンキー・パンチの漫画作品およびそれを原作とするアニメ『ルパン三世』シリーズに登場する人物。作品によっては、著作権の関係からかルパン一世と表記されることもある。

プロフィール・人物像 編集

ここでは、『ルパン三世』で語られた設定のみを記す。

血統
原作第83話「能ある悪党は牙をかくす」やTV第1シリーズ13話「タイムマシンに気をつけろ!」によると、次郎吉とミレーヌという祖先がいる事が明かされている。ただし、これはルパン三世魔毛狂介を罠にかける際にしか語られていないため真偽は不明。
人物
どの作品でも女性に弱い(女性にだらしがない)面が描かれている(孫となる三世も同様)。
原作第37話「ルパン三世とアルセーヌ・ルパンの対決」では、心臓の病気で死期が近い状態であり、孫の三世の力を試すために対決を行う。第38話「遺産7200億」では既に死亡したかのようであり、遺産が各々に分与され、三世には盗術が与えられる。
最終話「さらば愛しきルパン!」ではルパン帝国で生存している。男性として衰えてなく、二世どころか三世よりも若い「一世の子供たち」が登場している。
TVスペシャル『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』では、ナポレオン3世からナポレオンの辞書を盗んだ女性と結ばれ、ルパン帝国を築き上げる。しかし、女遊びの結果、ルパン帝国は崩壊してしまう。
容姿
原作第37話「ルパン三世とアルセーヌ・ルパンの対決」や最終話「さらば愛しきルパン!」では、年老いた老人の姿で描かれている。
ゲームブックやTVスペシャル『ルパン三世 ナポレオンの辞書を奪え』では、三世に似た容姿のように描かれている。TV第1シリーズ第19話「どっちが勝つか三代目!」でも、一世が身につけていたシルクハットとマントを着た人形が三世に似せて作られている。
仲間・友人:珍幻斎
珍幻斎は、TVスペシャル『ルパン三世 天使の策略 〜夢のカケラは殺しの香り〜』に登場するルパン一世の古くからの友人。
ライバル:ガニマール警部、シャーロック・ホームズ、ジョニー・グレゴアール、初代ねずみ小僧と十代目石川五右ェ門、ナンジャ・モンジャ兄弟
ガニマール警部は、原典にも登場した人物。TV第1シリーズ第19話「どっちが勝つか三代目!」とTV第2シリーズ第28話「女刑事メロン」では、ガニマール警部の孫が登場する。
シャーロック・ホームズも原典の日本語訳には登場する。「華麗なる挑戦」でライバルであった事が示唆され、同作にはホームズ三世というキャラクターも登場する。なお、TV第2シリーズ第15話「名探偵空をゆく」とTV第2シリーズ第97話「ルパン一世の秘宝を探せ」にも、シャーロック・ホームズ三世というキャラクターが登場している。『ルパン三世』のさらに未来を描いた『ルパン8世』ではルパン8世の師としてホームズ8世が登場している。
ジョニー・グレゴアールと初代ねずみ小僧と十代目石川五右ェ門とナンジャ・モンジャ兄弟は、ルパン一世が現役だった頃のライバルとされるキャラクター。十代目石川五右ェ門の曾孫にあたる十三代目石川五右ェ門がレギュラー登場しているほか、TV第2シリーズ第24話「怪盗ねずみ小僧現わる」ではねずみ小僧の四代目が登場。TV第2シリーズ第121話「オレの爺さんが残した宝物」ではジョニー・グレゴアールの息子と孫となるグレゴアール二世とグレゴアール三世が登場。ナンジャ・モンジャ兄弟はTV第2シリーズ第144話「不二子危機一髪救出作戦」に登場。
宿敵:パンドラ
パンドラは、ルパン帝国を潰した相手。
ターゲット:「オパールのヴィーナス像」、「竜の置物」、「人魚の鱗」と「龍鱗石」
「オパールのヴィーナス像」は、TV第2シリーズ第121話「オレの爺さんが残した宝物」で登場。ルパン一世が、ライバルの怪盗ジョニー・グレゴアールに預ける。
「竜の置物」は、『ルパン三世 燃えよ斬鉄剣』で登場。タイタニック号で運ばれていたが、タイタニック号の事故により深海に沈んだため、唯一盗み出せなかった宝となった。
「人魚の鱗」と「龍鱗石」は、『ルパン三世 血の刻印 〜永遠のMermaid〜』で登場。八百比丘尼に関する宝であり、ある約束を残すだけでその宝を持ち帰ることはなかった。

『ルパン三世』に関する配役 編集

関連項目 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。